MENU

コンセプトは「それでものチカラ」

icon01icon01L

どんな環境であっても、
どんなことがあっても、
それでも、
自分らしく、楽しく、あそぶように生きる
チカラを探求します。

ALLスポーツラボ

icon02icon02L

運動神経が著しく発達するゴールデンエイジ(小学生時期)に脳と運動神経をつなぐ教室。
「できちゃうコツ」をつかんで、
楽しみながら、挑戦し
「それでものチカラ」を自分でつかもう。

ひの自然体バレー塾

icon03icon03L

目先の勝利ではなく人生の幸せ・人間的成長を第一としたバレーボール塾。
勝負や人との比較にこだわらず
自分と向き合いながら、
仲間と一緒に運動をする楽しさを体感しよう。


こどもたちに、「それでものチカラ」を育てたい!
というのが、私の願いです。

生きていく限りハードルはあります。
これからの社会を生き抜くのに必要なのは、
どんな環境、どんな状況でも、それでも前を向いて、
自分を信じ、人生を楽しむ力。

それでも、ぼくは大丈夫。
それでも私は立ち上がり、歩きつづける。
それが「それでものチカラ(レジリエンス)」です。

「どうせ」を「それでも」に、人との比較を互いの受容に、
「それでものチカラ」を、ひとりでも多くの子供たちが手に入れてほしいと探求しています。


それでものチカラを育てる教室
「それでものチカラ」をつけるためには「根拠ある自信」と「根拠のない自信」の両方が必要です。
そこで、わたしはスポーツを通じ「自信のつかみかた」をこどもたちに体験する活動を行っています。

自分で目標を決めて、コツコツ努力して、自分への自信をつかみとっていく「達成感、成功体験」
異年齢の中で遊び、教えあい、人をサポートしたり、してもらったり、人の輪の中で自然と育つ「自己有用感」
そして、なにができてもできなくても、どんなぼくでもわたしでも、いいところも嫌なところもひっくるめて、人はみんな違う、ぼくはぼくでいいんだ、すばらしい!、という「自己受容力、自己肯定感」

運動を楽しみながら、挑戦、成功、失敗を重ね、自分らしく生きていく自信と折れても立ち上がるたくましさ、レジリエンスを育む場を作っていきたいと思っています。

そくてん
slide04S
てつぼ
ALLスポーツラボ

運動神経が著しく発達するゴールデンエイジ(小学生時期)に「できちゃうコツ」をつかんで、
体を動かす楽しさ、できないことに挑戦するチカラ、
劣等感を乗り越える「それでも」のチカラを自分でつかむことを目的とした教室です。

走り方、基礎運動、体操、陸上、全ての球技につながるボール運動など、どんなスポーツにもつながる体の基礎となる動きを、遊びながら体にインプット。
体が思い通りに動かせるようになっていきます。

もっと読む

自然体バレー塾とは、全国各地で広まっている草野健次さんが考案した、解剖学的、物理的、科学的に研究されたバレーボール練習法です。

バレーボールの動きを組み込んだダンスやスモールステップで上達するドリルを遊びながら楽しく反復していくと、驚くほどあっという間に上達します。目先の勝利ではなく人生の幸せ・人間的成長を第一としたバレーボール塾です。

もっと読む
20190301_190319_0024_0
icon03L
20190301_190319_0019_0
講師プロフィール
講師プロフィール
結間 ちひろ

小学校からバレーボールをはじめ。インカレ全国優勝するチームで1年間活動するも、幅広い先生を目指し方向転換。アフリカ等途上国、フリースクール、PA等多分野で活動。中学校保健体育&バレー部顧問として熱い教員時代を過ごし、出産を機に退職、子育てに10年専念する。その間、幼児体操教室指導員、水泳の家庭教師、コーチング、心理学、NVC、子育て航海術等こころの学びを深める。現在、不登校適応教室に勤務。こどもの折れない自信が育つ方法を日々探求中。

スケジュール