MENU

 大切にしたいコト

S__13467651_1S__13467651_1

こどもたちに願うことはただ一つ
幸せに生きていってほしい
そのために、親は何ができるのだろう
こどもたちにどんな力があったら、自分の手で幸せをつかんでいけるのだろう
伝えたいコトを記録しています

 レジリエンス体育教室

S__150085635S__150085635

体育が苦手と思い込んでいる子でも、12歳までのゴールデンエイジ期にしっかりとコツをつかんで運動をするとみるみる運動神経はよくなります。
「人と比べない」「勇気を出して挑戦する」をモットーに様々なスポーツを楽しむ運動教室です。

続きを読む

 ひの自然体バレー塾

S__150085634S__150085634

目先の勝利ではなく人生の幸せ・人間的成長を第一としたバレーボール塾。
勝負や人との比較にこだわらず
自分と向き合いながら、仲間と一緒に運動をする楽しさを体感しよう。

続きを読む

 気候変動

S__13451378_1S__13451378_1

地球温暖化、熱波、大型台風、洪水、山火事、氷河の融解、毎年記録的な異常気象が続いている
子どもたちの孫の孫のずっと先の代まで、安心して住める地球を残すために、親子で学び、行動し、発信していく場としています。
こどもたちへ未来をつなごう!

続きを読む

 ブログ

IMG_3290(1)IMG_3290(1)

おうちでできること、親子でだから楽しめるものを記録しています。アート、体育、遊び、畑、ココロ、ママの学びなど。ここを読んで、「楽しそう。わたしもあした、やってみよう」と思えて、子育てを少しでも楽めたらいいなーと思っています。

続きを読む

 おうちで体育

IMG_0052IMG_0052

運動神経とは、体に動きをインストールしていくこと。厳しいトレーニングをしなくても、幼少期に親子で楽しく遊んでいれば、みるみる伸びていきます。「気づいたらできちゃってた」をコンセプトにおうちでできる体育につながる遊びを紹介していきます。

 


 


こどもたちに、「それでものチカラ」を育てたい!
というのが、私の願いです。

生きていく限りハードルはあります。
これからの社会を生き抜くのに必要なのは、
どんな環境、どんな状況でも、それでも前を向いて、
自分を信じ、人生を楽しむ力。

それでも、ぼくは大丈夫。
それでも私は立ち上がり、歩きつづける。
それが「それでものチカラ(レジリエンス)」です。

「どうせ」を「それでも」に、人との比較を互いの受容に、
「それでものチカラ」を、ひとりでも多くの子供たちが手に入れてほしいと探求しています。


それでものチカラを育てる教室
「それでものチカラ」をつけるためには「根拠ある自信」と「根拠のない自信」の両方が必要です。
そこで、わたしはスポーツを通じ「自信のつかみかた」をこどもたちに体験する活動を行っています。

自分で目標を決めて、コツコツ努力して、自分への自信をつかみとっていく「達成感、成功体験」
異年齢の中で遊び、教えあい、人をサポートしたり、してもらったり、人の輪の中で自然と育つ「自己有用感」
そして、なにができてもできなくても、どんなぼくでもわたしでも、いいところも嫌なところもひっくるめて、人はみんな違う、ぼくはぼくでいいんだ、すばらしい!、という「自己受容力、自己肯定感」

運動を楽しみながら、挑戦、成功、失敗を重ね、自分らしく生きていく自信と折れても立ち上がるたくましさ、レジリエンスを育む場を作っていきたいと思っています。

講師プロフィール

講師プロフィール
結間 ちひろ

小学校からバレーボールをはじめ。インカレ全国優勝するチームで1年間活動するも、幅広い先生を目指し方向転換。アフリカ等途上国、フリースクール、PA等多分野で活動。中学校保健体育&バレー部顧問として熱い教員時代を過ごし、出産を機に退職、子育てに10年専念する。その間、幼児体操教室指導員、水泳の家庭教師、コーチング、心理学、NVC、子育て航海術等こころの学びを深める。現在、不登校適応教室に勤務。こどもの折れない自信が育つ方法を日々探求中。

 

スケジュール