【気候変動】〇参加者の声〇 第1回地球温暖化、地球のことを親子でかんがてみようの会

第1回 『気候変動って知ってる?』 参加してくれたみなさんの感想です

 

1.気候変動、地球温暖化って知ってる?おしゃべりしながら、知っていることをどんどん書き出していこう

記録用として(同じものは省略しています)

温度が上がっている、夏がすごく暑くなっている、夜エアコンをつけないと眠れなくなった、熱中症が増えている、昔よりどんどん暑くなっている、10月まで半そで着てた
暑くて死んじゃう、50度以上を記録したところがある、台風がでかい、昨年の台風26号がやべぇ、台風が多い、
北極の方の氷が溶けている、水位上昇、氷が溶けている、海の水がふえてる、ホッキョクグマがしんじゃう、 水が増えて家に入ってくる、ツバル、海岸が減ってる
異常気象が増えている、地球の季節がおかしい、
砂漠化、
酸性雨がふる、サンゴがしんでる
南の方の虫が来ているらしい
アマゾンが燃えている、オーストラリアが燃えている、
米の産地が変わってきた、スーパーの野菜がたかくなっている、おんだんかでたべるものがなくなる
スキー場の雪が足りないらしい
グレタさんが行動を起こしている
産業活動の影響といわているが、そうじゃないというひともいる、
動物が死んじゃう、絶滅している動物が増えている、ペンギンがかわいそう、生き物がおわりそう、人もどんどん死んでいるっぽい
世界がおわりそう、
二酸化炭素が多すぎる、石炭をもやすとだめ、ガスがやばい、
木が減ってる
ごみが海にたくさんある、プラスチックが多い
日本はまだ動いていない、にほんはちきゅうこわしすぎ、にんげんはよくばっている、かねをつかってでもプラスチックをつかっている、きかいがふえている、
にほんはごみをすてるばしょがなくなっているらしい
お菓子のチョコの袋が紙になった
にんげんはちきゅうのことをむしして大変なことにしているにんげんがいる
車のガスをなくすために動いているひとがいる、海のごみをかいしゅうしはじめているひとがいるらしい、

2.温室効果ガスをへらすために、自分にできそうなこと、やってみたいことを書いてみよう

砂漠にリンゴの木を植えよう、木をいっぱいうえる、家を大きくつくってみんなたくさんきをうえる、庭に木をうえよう、二酸化炭素をこていしている木をたくさん育てて使う、じぶんでおはなをうえる、木を増やす、ECOSIAというアプリをつかう、
牛肉は月に1回国産牛のみにする、
ファーストフードのおもちゃをなくす、マックのハッピーセットのおもちゃをいりませんといったらポテト増量とかドリンクが増えるとかにしてもらえるというのを提案する、
リサイクルできるプラスチックをふやす、ペットボトルをつかわない、レジ袋を使わない、プラスチックを使わない生活にする、
ペットボトルを使わないためにジュースバーをつくる、タッパーや容器をもって買い物に行くようにする(みそ、豆腐、しょうゆなんでも量り売りに)、野菜をビニルで包むのをやめる、個包装をやめる、日本の過剰包装をやめる、水筒にのみものをいれてもちあるく、ガラスをつかう、エコバックをもっていく、
エアコンを使う時間をへらす、電気を使わない、テレビはみない、寒いときは服を着て、暑いときははだか、youtubeをみるじかんをへらす
洋服はみんなで使いまわして消費を減らす、じぶんたちでなおしたり自然に返したり循環させていく、
風通しのいい家で断熱をしたいい家にする
エコのためにもっと科学を進歩させる、二酸化炭素をだしてしまう工場を減らす、
車のあいのり、車→自転車、電車、歩く、かぜでとぶひこうきをつくりたい、
えんとつのない家をつくる、
身の丈にあった暮らし、もっともっととモノや便利さにおぼれていかない、本当にほしいものをかう、ずっと使える本当にすきなものに囲まれて暮らす
ぜいたくしない、おもちゃをたくさんかわない、
化学肥料をつかったものをさける(自分もつかわない)、地球を守る活動をしている会社を調べて応援する、
ゴミを拾う、
紙皿紙コップなどのバージンパルプを使っているものを使わない

 

3.参加してみての感想

【大人】
・もっと自分がみんなのために行動するときになってきている気がして、今回は参加しました。気候変動のことをもっとみんなでかんがえらえる日がくるよう行動したいです。地球に選ばれるにんげんでありたい
・親子でこういった機会があるのがすごくよいなーと思いました。自分とむすびついて、考えられることが大切だと思った。何度もこれから続いていくのがいいね
・みんなとともに、考える時間ができたことがうれしかったし、よいきっかけになりました。わたしもできることをしたい。
・同じ思いの人がたくさんいて、勇気づけられました。菜食ばんざい!(笑)
・自分の仕事(建築設計士)の中にもっとできることがたくさんあると感じました
・しらないことがいっぱいあった、知れてよかった。毎日の小さな選択が今日の話を聞いて変わる、変えられるとおもった。
・今できることをしようと思った。リミットはあと1年4か月か。。。

【幼児、小学生、中学生】
・自分にできることがもっとあるとおもった。このままじゃだめだとおもう。
・もうすぐ大地や海がしんじゃう
・つまんなかった
・大変な人がいっぱいいて、たすけたいとおもった
・大好きなプラスチックのふせん、文房具をやめるのはむり!テレビを見ないのもむり!でも地球がなくなっていくのはこわいから、エコバックからはじめようかな。
・地球があぶないから、ぼくたちにできることはなにかのことをしったので、これからもがんばる
・いまこんなにちきゅうがたいへんなことになっていることをしってびっくりした
・とてもたいへんだとおもった。ぼくもなにかやっておいいかな。
・人間が地球をかえられうなら、自分でできることをやりたい、できると思うところはエコをする
・もうすぐ地球がおわるかもしれなくて、とてもかなしい。地球をもとにもどしたい。プラスチックを日本もなくしたい。木を植えたい。フードロスをなくしたい。形が変でも味は同じ。地球を守りたい。
・今、ちきゅゆがあぶないとかんじた。 もっとやらないとと感じた。
・人間が地球のことを考えてこうどうすること
・ちきゅうのためにできることをやる、ビニルを減らす、ぷらすちっくをつかわないようにする
・もっと科学が進んで、いい未来ができるといいな

4.もっとしりたくなったこと、もっとやってみたいこと
【大人】
・友達との会話でも、しゃべってみる
・エコロジカルな家を造る、設計する
・もっと学びたい、中学生小学生のこどもたちにも伝えたい

【幼児小学生中学生】
・自分にできることを考えてやってみようとおもった。今日聞いたことをみんなに伝えたいとおもった。
・友達につたえたい
・おおきなことはできなくても、広めることはできる。
・100個のドローダウンを全部知りたい
・もっとしぜんがどんなじょうきょうなのかをしりたい
・こういうことをたくさんのひとがしれるように、いろんなところでするといいとおもいます
・家でもできる気候変動につながることをしりたい
・発砲スチロールとかビニルとどちらのほうがCO2がかからないのかな、。スーパーのスチロールをビニルに変えてもらうだけでもCO2はへらせるのかな
・もっとやりたい、クラスの人に伝えたい。ここにいるみんながクラスで伝えたら、それだけでもたくさんの人に伝えられると思う。
・プラスチックを使わない、ちーちゃんがいっていたのをやりたい、ゴミをへらす、ものをたくさんかわない
・地球のことを考えてうごいてガラスをみせにもっていってやすくしてもらう

こどもたちのまっすぐなまなざしに、とてもパワーをもらいました。
「1回学んであとはそれぞれが活動しましょう」ではなく、みんなで考えて動いていける場にしていきたい
だからこれからも続けていきます

気候変動を考えるとき、避けては通れないのが「世界の格差」
地球の資源の大部分を使ういわゆる先進国が、たくさんの温室効果ガスやごみを出している
ほんの一部の人が地球を消費し、そしてガスを出し、悪化させているのは事実

地球温暖化を逆転するための100の方策ドローダウンの上位に「女子の教育」「フードロスを減らす」というのがある。
少子高齢化で困っている日本にいると「なんで?」と思ってしまうけれど、世界の人口はどんどん増え、そして先進国と途上国との格差はひろがるばかり。

自主上映会をしたい、もし世界が100人の村だったらのワークショップもしたい、
学びながら、そして発信・活動しながら、興味のある人で歩いていきたい